かいだ歯科医院・大阪市住之江区御崎1-9-34・06-6686-8041





@・来院
受付にて問診表を記入、各種保険証が必要。
診察券の発行などを行います。

A・問診
問診表を元に患者様のお悩みや状況をお伺いします。
痛みや違和感など、不安・お悩みの全てをお伝え下さい

B・検査
現状を把握した後、必要な検査を行います。

・レントゲン撮影
・術前状態の口腔内写真撮影
 (診断説明に使用)

・歯周病の検査、確認など

※他にも様々な検査項目がございますが、主は現状検査となります。

C・診断
検査の結果から現在の状態をご説明致します。
今後の治療計画、治療方針など・・・
患者様のご希望を踏まえた治療方法をお話しします。

D・治療
診断により必要な治療を行っていきます。

E・定期検診
治療の必要がなく、検診で終了の方は次回の検診日程を決めて経過観察となります。

治療方針の段階や進行、または歯石の付着状態
治療内容や患部の状態に応じて定期検診と治療を行います。

※B〜Eが治療サイクルとなり状況に応じた治療を行います。




▼プラークコントロールで歯周病予防。
プラーク(歯垢)は細菌の塊!
この細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因なので、プラークコントロールをしっかりと行って細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病予防になります。

歯周病治療を進めていく上で絶対的に必要なのが、日頃の歯磨きなどの意識改革です。

長期に渡る歯周病治療で当初の意識が薄れていき、簡単な歯磨きになり、治療に来られても、前の治療の時より悪化しているケースもあるほどです。

歯一本一本に最低でも15秒ほど磨いていくと、27本〜29本全ての歯を磨くと、けっこう時間を要していきます。

しかし、単に時間をかけても歯周ポケットと呼ばれる歯垢の溜まる部分を適切に磨いていかないと予防にはなりません

単なる歯磨きとは異なりますので、正しいプラークコントロールで日頃から歯の予防に心がけるようにしましょう。

かいだ歯科医院では【歯科衛生士】による歯周病治療の際に、正しい歯磨きの仕方や注意点などを丁寧に分かりやすくご説明致しております。

お気軽にご質問、ご相談下さい。

また、プラークコントロールに最適な【歯ブラシ】なども多数、ご用意しております、重ねてお尋ね下さい。














自立して明るく元気に過ごせる生涯の
期間を【健康寿命】といいます。

日本人の平均寿命は世界一。
男女平均寿命は83.3歳。

歯の寿命は28本の永久歯のうち、
10本以上を失うと、食事や会話などに
支障をきたす事が多くなります。

そこで自分の歯が18本以下になった
時点を仮に歯の寿命とすると、
日本人の平均は60歳代後半。

歯を失くした為に食生活などの
楽しみを制限される期間が10年以上に
及ぶ事になります。

中高年が歯を失くす主な原因は
歯周病ですが、その歯周病が
糖尿病などの生活習慣病のリスクを
高める事も知られてきました。

歯周病を防ぎ、健康寿命を伸ばす
ために歯についての認識、意識を
再確認しましょう。


歯周病(ししゅうびょう)とは、
歯周組織に発生する疾患の総称の事。

歯垢が主要な原因の一つである疾患が
多いですが、単に歯垢のみでなく、
多くの複合的要因によって発生します。

また、歯垢が一切関係ない(非プラーク性の)
歯周疾患も多数存在します。

歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる
病気を歯肉炎(しにくえん)、

 他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎(ししゅうえん)
 総称して【歯周病】と言います。

 ただし、通常、歯肉炎、歯周炎といった場合、それぞれ、単純性歯肉炎、
 辺縁性歯周炎を指すのが一般的です。


源病巣の第二位を誇る、歯槽膿漏は
文字通り漏れる膿(ウミ)と書きます。

歯槽から漏れた膿を常時口に含み、
体内に吸収してる訳であり、体内が
健康を維持できる事はありません。

元々、臓器に異常を持っていなくても、
歯槽膿漏から臓器へと感染し異常を
来たす事があります。

歯槽膿漏は心臓、腎臓疾患や血管
を詰まらす助長因子(リスクファクター)で
あり、心筋梗塞や脳梗塞を引き
起こす源病巣なのです。

 歯の健康状態を維持する事は、身体全体の健康を維持すると認識する
 必要があります。

 特に【歯周病治療】は完治するまでの過程が長く、日頃の歯磨きを
 見直し、歯科医、歯科衛生士と共に治療を進めていく事が
 重要になります。

 かいだ歯科医院では【歯周病治療】の過程や、歯磨きの見直し、
 相談に丁寧にお伝え致します。
 大事になる前に、一度ご自分の歯を見つめなおし、
 早期治療に心がけて下さい。



◆下記にある症状があれば要注意です。

 ○歯肉がはれて、血や膿が出て痛む。

 ○口臭が酷い。

 ○歯肉が下がって、歯が長くなったように見える。

 ○歯が動く。

 ○歯と歯の間に物がはさまりやすい、または隙間が広くなった。

 ○口の中がいつもねばついた感じがする。

 ○冷水や温水を口にふくむと歯がしみる。

 ○歯が浮いて物が噛めない。

※早期発見・早期治療を行えば、歯はより強くなります。
 微弱な痛みや、違和感を感じたら、進行の前兆!
 一般歯科診察で、自分の歯の健康状態を把握するだけでも最良です。




 大阪市住之江区御崎1-9-34
 06-6686-8041
 ⇒詳しい場所はこちらから
受付時間
9:30〜13:00
休診
休診
15:30〜19:30
休診
休診


かいだ歯科医院  559-0013 大阪市住之江区御崎1-9-34  Z:06-6686-8041 木曜日・日曜日・祝日:休診
当サイトはインターネットエクスプローラー5以上に最適化されております。

Copyright 2009 Kaida Dental Clinic & A-Sight.biz All Rights Reserved.